大黒海づり施設 
黒鯛釣法
「黒鯛@横浜-海釣り公園」 by BaySky

| 概要 | 特徴 | 施設 | エサ屋 | 釣法 | | 本牧 | 磯子 |

大黒の黒鯛釣りは、釣り場の構造からして,一般の堤防釣りを想定すれば良い。@ヘチ釣り、A底フカセ釣りの2種類である。季節と釣り座で、これを使い分けている。
関西・四国地方でのダンゴ釣り、カゴウキ釣り、エビ撒き釣りは見かけない。

季節で大別すると、@4月中旬-10月中旬、A10月中旬-翌年4月中旬で釣法が変わる。

4月中旬-10月中旬:この時期は海水温が高く、黒鯛の泳層は浅くなる。タナは中層・上層となる。
  1. 180-270cmのヘチ竿とタイコリールで、足もとの堤壁の際を丹念に探るヘチ釣り。
  2. エサは、モエビ、ボサ、豆カニ、タンクカニ、イソメ、フクロイソメ、フジツボなど。
  3. 玉網は、540cmで充分。

10月中旬-翌年4月中旬:この時期は海水温が低く、黒鯛の泳層は深くなる。タナは底となる。

  1. 180-270cmのヘチ竿とタイコリールで底フカセ釣り。
  2. エサは、モエビ、ボサ、イソメ、フクロイソメなど。
  3. 玉網は、540cmで良い。



             


inserted by FC2 system