磯子海づり施設 
構造と特徴
「黒鯛@横浜-海釣り公園」 by BaySky

| 概要 | 特徴 | 施設 | 釣法 | | 本牧 | 大黒 |

釣り場:@東側桟橋(幅3m、長さ250m)、A通路桟橋(幅3m、長さ50m)、B南側桟橋(幅3m、長さ200m)のL字型で構成。いずれも防波堤の上に高い足場を組んで桟橋を渡してある。C玄関は南側桟橋の先端部にある。


床と防護柵:@桟橋は床が頑丈なジュラルミン製網目板、海側には高さ約1mの鉄製防護柵がある。陸側には高さ約2mの金網フェンスがある。A東側桟橋の先端部と通路桟橋中央部に緊急時の非難口がある。

水深:桟橋の直下では約2-5m、沖合い100mでも水深は10-20m。

堤壁:@桟橋の真下はすべて堤防である。A桟橋から糸を垂らすと堤壁に添う。B桟橋から海水面までは7-8mある。

潮流:@上げ潮は通路桟橋で2方向に別れて、東側桟橋・南側桟橋に沿って湾の奥へ流れる。A下げ潮はこれと正反対に流れ、通路桟橋付近で合流する。風や潮の強弱で帯状の潮目ができることもあれば、ヨドミになることもある。B魚礁周りの流れは一様でない。

漁礁:東側桟橋に3ヵ所、南側桟橋に2ヵ所、それぞれ約20m四方の魚礁が設置されている。背後の金網に標識が出ている。魚礁は岸から約30m沖合い。



             


inserted by FC2 system