黒鯛よろず覚え書 
「黒鯛@横浜-海釣り公園」 by BaySky

| フカセ | 落し込み | モグリ | モグリ2 | カゴ |

黒鯛に関連する様々な事柄を、覚え書き風に書き溜めていこうと思う。なかには、相互に矛盾するような項目が出てくるかも知れない。それはそれで役立つこともある。

和 名 クロダイ <黒鯛>  
分 類 硬骨魚綱−スズキ目−タイ科−へダイ亜科−クロダイ属
学 名 Mylio macrocephalus / Acanthopagrus schlegeli
地方名 チヌ(関西)、カワダイ(北陸)、ケンダイ(山口)、シラダイ/シロダイ(東海)、チヌダイ(中国・四国)、クロチヌ(和歌山・高知)、シオチヌ(香川)、ホンチヌ、チン(九州)、チンノイオ(鹿児島)、チンカク/チンダイ(壱岐)
幼魚名 チンチン/チンタ(関東)、ババタレ(関西)
2〜3歳 カイズ/ケエズ(関東・関西)、メイタ(九州)
英米名 Black sea bream / Black porgy
ヒ レ セビレ: 11棘・11軟条
 シリビレ: 3棘・8軟条
産卵期 4月〜5月〜8月、卵は浮遊性。
幼魚期 群れで、塩分の低い内湾や河口域にとどまる。
性転換 稚魚・幼魚期は雌雄差がない。
 3歳魚のころは、むしろすべての黒鯛がオス型。
 4歳魚のころ性転換で雌雄に明確に分かれ成魚となる。
成魚期 群を離れ、塩分の高い海域に移動、単独行動型となる。
食 性 雑食型で、何でも食べる。
 まずエサをくわえ、次に口に入れ、そして噛む。
 くわえ損なっても、しつこく食いついていく習性あり。
水 温 適 応 水 温 : 4℃〜32℃
最 適 水 温 : 18℃前後
致 死 水 温 : 3.5℃以下あるいは32℃以上

摂 餌 適水温 : 13℃〜23℃
摂餌限界水温: 6℃(仮死状態)

産卵開始水温: 15℃〜16℃
産卵終了水温: 20℃〜24℃


 補足説明:
  1. 体色は白銀色を帯びた黒灰色。幼魚(カイズ)期は黒色は薄く全体が白銀色で、体側に6〜7本の薄い横ジマが見える。

  2. 棲みかは、河口の捨石周り、堤防の根元、海岸の磯根、人口魚礁や沈船付近、航路筋の杭周りなど。

  3. 黒鯛は歯が丈夫で雑食、しかし神経質。エサを一気に飲み込むことはせず、一度口にくわえてからゆっくり飲み込む。

  4. 黒鯛の視覚は暗視界に偏向している。それゆえ、常に濁水を好み、海水が澄んでいる快晴の日は釣り難い。海水に濁りがあるほうが良く釣れる。おもに曇天や夜間に餌付く。

  5. 黒鯛は色彩感覚がまったくない。その反面、味覚や触覚が鋭く発達している。これがため、神経質で警戒心が強いとされる。

  6. 雨降り・雪降りで意外と釣れる。雨、雪、風、波で空中の酸素が海水に溶け込み、海水中の溶存酸素が豊富になると、黒鯛の活性が良くなる。

  7. 赤潮や青潮のときは黒鯛釣りはダメ。
    赤潮はプランクトンが異常発生し、海水が赤っぽくなる現象(夏場に多発)。
    青潮は海底の酸素の少ない海水が風などの影響で上昇し、海水が青色か乳白色になる現象。
    赤潮・青潮の主原因は海の汚染で、魚介類に悪影響を及ぼす。

  8. エサは地域と釣り方で様々である。
    モエビ、ボサ、マメカニ、サバカニ、ゲタカニ、タンクカニ、アオイソ、イワイソ、フクロイソメ、イガイ、フジツボ、サナギ、スイカ、サツマイモ など。

  9. タンク・・・ヘチの黒鯛の好物。カラが硬く外道のエサ盗りにやられることが少なく、黒鯛のアタリをとりやすい。ただし高価が難点。横浜では2000年夏タンクが激減して入手難の状態が続き、値段が一挙に@\80に跳ね上がってしまった。2001年夏には入手難は解消されたが、値段は高騰したまま。

  10. 水(淡水)の不思議・・・高温の水ほど密度が小さく(質量が軽く)なり上層に浮く。低温の水ほど密度が大きく(質量が重く)なり下層に沈む。ところが、不思議なことに4℃で密度が最大になる。4℃で水の質量は一番重く(1気圧=1013hPaのとき 0.99997g/cm3)なる。更に温度が下がれば質量が軽くなり上層に浮く、氷点下になれば上層で氷結する。氷の密度は0℃の時0.917g/cm3となる。水が固体になった氷が沈まずに浮くのも不思議なことだ。こんな自然の仕組みのおかげで、真冬の極寒の日でも、底層の水温が4℃以下になることはない。どんな極寒の時期でも、黒鯛が底でかろうじて棲息可能なわけだ。

  11. 海水の不思議・・・表層水温は、熱帯で30℃、極地でマイナス2℃。基本は淡水同様だが、海水は3〜4%の塩分を含んでいる。この不純物混合により、淡水とは若干様子が変わる。「凝固点降下」と呼ばれる現象により、海水は淡水よりも凝固点が低くなる。海水の氷結温度はマイナス1.4℃。すなわち凍りにくい。なお、海水が凍るときには「水」の部分が凍る。塩分は氷の結晶の外に追い出される。氷結晶が集まって氷塊ができるときに、氷結晶と氷結晶の隙間に若干の塩分が入り込む。その結果、海の氷は幾分塩辛い。


             


更新:2014/09/13 
inserted by FC2 system