黒鯛仕掛 - フカセ釣り 
「黒鯛@横浜-海釣り公園」 by BaySky

| フカセ | 落し込み | モグリ | モグリ2 | カゴ |

釣り場の環境条件によって釣り方も異なる。各地に特徴のある様々な黒鯛釣法がある。長年のうちに先人たちがその場に最適の釣り方を育んできたのだろう。


ヘチ竿 硬調子 180〜240
太鼓型リール 道糸:2.5号x100〜150m
極小ヨリモドシ

ハリス2.5号x1.5〜2.0m
オモリ 中通し丸型2〜3号
ガン玉


チヌ針 2-4号 (エサ:モエビ/ボサ/マメカニ/タンク)



 豊富な品揃えで、約40,000件 有り


 フカセ釣り補足説明
  1. オモリをサルカンの上、すなわち道糸側に配置するやり方もある。この場合にはガン玉は不要。

  2. 「本牧海づり桟橋」の夏場は黒鯛のタナ(泳層)が中層・上層になる。橋ゲタや堤壁にくっ付いたカラス貝を食べに寄ってくる。

  3. これを@南北護岸壁やA渡り桟橋の橋ゲタ周りで狙うには、上図のフカセ釣りが基本形のひとつである。

  4. 冬場は黒鯛のタナ(泳層)が深層・ベタ底になる。橋ゲタからも離れることが多い。

  5. 冬場の底フカセの重要注意事項: 軽いオモリを使うので、直ぐ潮下に流され、仕掛けが底から浮き上がる。置き竿は禁物。手持ちで潮下に移動して行くか、糸を送り出すかで調整する。潮下に他の竿が出ているところでは、オマツリ(仕掛けの絡まり)を避けるために頻繁に手返し(巻き取り・再投入)を繰り返すべし。

  6. これを@渡り桟橋やA沖桟橋で狙うには、上図のフカセ釣りが基本形のひとつである。これで広域に探り歩く。


             


inserted by FC2 system