黒鯛仕掛 - モグリ釣り 
「黒鯛@横浜-海釣り公園」 by BaySky

| フカセ | 落し込み | モグリ | モグリ2 | カゴ |

釣り場の環境条件によって釣り方も異なる。各地に特徴のある様々な黒鯛釣法がある。長年のうちに先人たちがその場に最適の釣り方を育んできたのだろう。


落し込み竿 硬調子 390〜450 又は 磯竿 1〜3号 390〜450
太鼓型リール 道糸:2.5号x100〜150m
極小ヨリモドシ

ハリス2.5号x1.5〜2.0m
オモリ 中通し丸型2〜3号
ガン玉


チヌ針 2-4号 (エサ:モエビ/ボサ/マメカニ/タンク)


 モグリ釣り補足説明
  1. ノゾキ釣り」と呼ぶ人もある。

  2. 「本牧海づり桟橋」の夏場は黒鯛のタナ(泳層)は浅く、カラス貝が付着した橋ゲタ周りに寄る。

  3. これを沖桟橋で狙うには、上図の仕掛けが基本形である。

  4. 先調子の硬調長竿を使用する。

  5. 沖桟橋の橋ゲタは、床のエッジから約3メートル内側に立っている。橋ゲタ脇に糸を垂らすには、床エッジにひざまづいて身を乗り出し、床下奥を覗き込むようにして、竿を出す。あたかも、床下に潜り込むような姿勢となる。この故にモグリ釣りと称している。

  6. 冬場は、この仕掛けはやらない。


 豊富な品揃えで、約40,000件 有り



             


inserted by FC2 system