鈴木草牛 水墨画美術館
中 国 1 号 室

鈴木草牛は、32歳の昭和12年12月、「いはらき新聞社」の従軍記者として日中戦争下の中国に派遣された。 湖州、南京、鎮江、蘇州、天津、北京、保定、済南、徐州を経て、翌年6月帰国した。

草牛独特の筆致で、各地の人物や風物をスケッチしている。 戦時下のスケッチですが、人と自然に対する暖か味が伝わってきます。

中国1号室〜2号室に、計40点を展示します。

しかし、これらのスケッチに基づく作品は皆無に近い。 
クリックで別ウィンドウに拡大表示します。

杭州・西湖(1)

杭州・西湖(2)

湖州路上の
理髪店

湖州路上の
靴屋

湖州
水を運ぶ女性

湖州にて

湖州
理髪店にて

湖州
東門の橋

湖州
旧暦正月

湖州
子守りの女性

湖州

南京玄武湖

ヤキメシ

南潯鎮

湖州より
平望鎮へ

南京城
下関駅前

浦鎮

浦鎮揚子江

南京
雪の新街口

雪の
新街口市場
      Back to 表紙
inserted by FC2 system