鈴木草牛 水墨画美術館
中 国 2 号 室

鈴木草牛は、32歳の昭和12年12月、「いはらき新聞社」の従軍記者として日中戦争下の中国に派遣された。 湖州、南京、鎮江、蘇州、天津、北京、保定、済南、徐州を経て、翌年6月帰国した。

草牛独特の筆致で、各地の人物や風物をスケッチしている。 戦時下のスケッチですが、人と自然に対する暖か味が伝わってきます。

中国1号室〜2号室に、計40点を展示します。

しかし、これらのスケッチに基づく作品は皆無に近い。 
クリックで別ウィンドウに拡大表示します。

鎮江・商人

蘇州
寒山寺前

大連丸
甲板にて

天津女性

北京正陽門
月城(1)

保定城外

保定城内

保定城

北京正陽門
月城(2)

済南大明湖

大明湖の客船

かごの横ばい

済南ホウト泉

エン州
西門外にて

エン州
津浦線

街頭人物

深浦線
覚家荘にて

徐州(1)

徐州・雲龍山

徐州(2)
      Back to 表紙
inserted by FC2 system