鈴木草牛 水墨画美術館
河 童 展 示 室

師小川芋錢が「河童」の絵を数多く残している。

そのこともあり、鈴木草牛も「河童」の絵を乞われることがしばしばあった。 しかし、草牛独自の河童の世界が確立するまで、滅多に「河童」は描かなかった。 鈴木草牛が「河童」を本格的に描いたのは、昭和40年代になってからである。

「現代河童美術展」(昭和49年)にも参加している。
クリックで別ウィンドウに拡大表示します。

作品「河童(1)」

作品「河童(2)」

色紙「牛久の河童」

色紙「河童」
Back to 表紙
inserted by FC2 system